外食産業が増加した理由・影響をやさしく解説

最近、特に外食が増えてきました。

チェーン店は増え、ファストフードは増え、スーパーの惣菜売り場が広くなり、その結果として料理をする機会がかなり減りました。

このことから、「いつか料理しない時代が来るのでは?」と思ったため、自分なりの考えをまとめていこうと思います。

1 外食産業が増加した理由(お客目線)

1-1 共働きが増えた

最近は特に専業主婦の人口は減り、共働きやパートがかなり増えました。料理・洗濯・掃除などは意外と時間がかかり、そして毎日続けることは結構大変です。

家事に加えてパートや仕事で増えた負担を減らすために外食・惣菜を使います。特に油汚れがひどくなる揚げ物は、今や惣菜を頼ったほうが「賢明な判断」です。

また、両親が共働きの子供は、親からすれば料理をしてほしくない本心もあります。

実際、小さな子供に包丁・火は危ないです。そのため小さい子供が共働きの両親の留守番をしているときは冷凍食品・コーンフレーク・菓子パンなどを頼らざるを得なくなります。

1-2 高齢化

最近、高齢の方がハンバーガー店・牛丼屋・スーパーの惣菜コーナーなどをかなり利用するようになりました。高齢になると料理が大変になり、「手間」となります。また、包丁を使う・火を使うなど「危ない」面も出てきます。

その結果、手間も無くなり危険も無くなるため、スーパーで惣菜を買う・外食を利用する高齢者がとても増加しました。

外食の増加に比例して「料理」が「手間」になる!?

2 外食産業が増加した理由(お店目線)

2-1 美味しくなった

外食が増えた理由として、外食が全体的に美味しくなったことが挙げられます。なかには家で料理をするより安い・美味いものがあります。

特に最近は冷凍食品・フリーズドライ・レトルトなど、大変美味しくなりました。こういった技術進歩も外食が美味しくなった理由のひとつです。

2-2 栄養バランスが整う

外食で懸念されていたことが「栄養バランス」の偏りです。

しかし、最近の外食では栄養バランスが整っています。レストランにはサラダバーがあり、牛丼屋には味噌汁とトッピングが付き、ハンバーガー屋ではスムージーが売っています。

したがって最近の外食では、料理をせずとも選択することで栄養バランスが整うようになったことで、外食をし続けることが可能になりました。

外食の増加に比例して「料理」が「手間」になっている

3 外食産業の影響→料理が「手間」になる

一部の例外はありますが、全体的な結果として以下のようになりました。

◆共働き・高齢化
◆美味しい・栄養が整う

◆外食・惣菜が増えた

◆料理が「手間」になった

実際、私が経験したことでは、大学で食品を専攻していたのにもかかわらず「食」に関心のない生徒・料理できない生徒が山ほどいたこと、食品企業であるにもかかわらず料理が出来ない・出来上がりのイメージが出来ない人が多数であることが現実でした。

外食の増加に比例して「料理」が「手間」になっている

4 どうすれば「料理」に興味を?

料理をすることは「食」の関心と比例すると思います。

料理をしないと「どうなったら美味しくなるか」、「どう組み合わせたら美味しいか」、「どうしたら盛り付けが綺麗になるか」など「食」について考える機会が減るため、これからますます「食」に関心が無くなるのではないかと思います。

では、どうすれば料理に興味を持ってもらえ、またどうすれば料理人口が増えるかを考えてみましょう。

4-1 料理のハードルを下げる

まず、料理のハードルを下げることが挙げられます。

これはメーカー・スーパーともに力を入れている分野であり、簡単に出来る・手間がかからない商品が増えてきています。特に最近は「本格料理」ですら簡単にできるものが増えてきています。


◆あらかじめ切り分けた肉・魚
◆カットサラダ
◆炒めてかけるだけの調味料
◆炊飯器・レンジで出来る簡単食材など

4-2 料理のメリットを考える

料理には多くのメリット・面白さがあります。

特に食費が安くなる・料理の選択肢が増えることは外食にない大きなメリットのため、料理のメリットを見直すことも良いと思います。

また、最近はインスタグラムなどで料理画像をアップする方が多いです。SNS・ブログといったインターネットは、料理をする楽しさにつながると思います。

外食の増加に比例して「料理」が「手間」になっている

外食産業の増加理由・影響 まとめ

【消費者目線の増加理由】
1-1 共働きが増えた
1-2 高齢化

【お店目線の増加理由】
2-1 美味しくなった
2-2 栄養バランスが整う

【外食産業の影響】
3 料理が「手間」になる

【料理のシェアを引き上げる方法(考察)】
4-1 料理のハードルを下げる
4-2 料理のメリットを考える

普段から外食を使っている人は、時間が空いたらを料理する。普段から料理している人は贅沢として外食をする。そのような「バランス」が大切だと思います。

しかしこのままだと、今後は料理を「作る」ものから「買う」時代が来るかもしれません。そうすると、ますます「食」に関心が無くなってしまうと思います。そうならないためにも、「料理」と「外食」のバランスをもう一度考えるべきではないでしょうか。

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪


関連記事